FC2ブログ
 
■プロフィール

日本野鳥の会 熊本県支部会員

Author:日本野鳥の会 熊本県支部会員

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

2019.12.01 熊本市、立田山探鳥会
 本格的な冬に入ったような寒さの朝、30人程度の参加者が集まりました。リーダーが「今日の見たい鳥はキクイタダキで、日本で最小の鳥です!」という内容の挨拶の後、初心者グループとベテラングループと別れて探鳥会は始まりました。駐車場前の池には、カルガモが数羽入っていました。すぐ下の池にも居たようで総数は20羽強だったようです。歩いていると、シロハラの声、ヒヨドリの声と姿、メジロの姿などが目に入りました。グループのちょっと後ろでは、「ルリビタキの雄が居たよ!」と云う声も聞こえました。冬の森ではサザンカの花が咲き始めていて、その蜜を吸いにメジロとヒヨドリがひっきりなしに来ています。豊国台まで歩くと、ヤマガラの姿が見られました。更に山頂近くまで歩いてキクイタダキを探したのですが見る事が出来ませんでした。しかし、他のグループではしっかり見られたようです。ちょっと残念な感じもしましたが、今年はキクイタダキが多く飛来しているという情報も有り、次の探鳥会の時の楽しみにとっておく事にしました。

[確認鳥種]
アトリ、イカル、ウグイス、エナガ、カルガモ、キクイタダキ、キセキレイ、キジバト、クロジ、コゲラ、シジュウカラ、シメ、シロハラ、ジョウビタキ、ツグミ、ハイタカ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、ハクセキレイ、ヒヨドリ、ミヤマホオジロ、メジロ、モズ、ヤマガラ、リュウキュウサンショウクイ、ルリビタキ  以上26種

キクイタダキ (撮影 T.H)
キクイタダキ20191201徳永博士・立田山

シジュウカラ (撮影 Y.S)
シジュウカラ20191201横田整一郎・立田山

ルリビタキ♂ (撮影 T.H)
ルリビタキ20191201徳永博士・立田山

参加者 (撮影 Y.S)
参加者20191201横田整一郎・立田山


未分類 | 13:49:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する