FC2ブログ
 
■プロフィール

日本野鳥の会 熊本県支部会員

Author:日本野鳥の会 熊本県支部会員

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

2019.04.21 荒尾市・荒尾海岸探鳥会
 この日、荒尾市は選挙の投票日だったが、参加者数は約80名に及ぶ大盛況となった。日本野鳥の会熊本県支部からも支部長が来て、開会の挨拶や野鳥の簡単な解説などがあり、探鳥会は始まった。お天気は快晴、気温もほどよく、風はそれ程強くなく、絶好の探鳥会日和となった。
 肝心のシギ・チドリは居るのかと心配したが、南側の岸辺に1000羽を超えると思われる群れが羽を休めていた。飛ばさないように、じわじわと近づいて、望遠鏡で覗くと、そこには大型チドリのダイゼン、真っ赤な色に染まった大型シギのオオソリハシシギなどが目についた。一番個体数が多いと思われるのはハマシギだ。誰かが「ミユビシギが居る!」と声を上げた。羽が白く見える小型のシギがミユビシギだ。今日の見たい鳥キョウジョシギがなかなか見えない。どうやら階段状になっている岸辺の影に隠れていて見つけづらいようだ。水際ぎりぎりまで降りて、望遠鏡を覗くと、キョウジョシギを数羽見ることが出来た。時折、シギ・チドリが大群で飛翔するところも見られ、皆、大満足したところで、探鳥会は終了となった。帰りには皆でゴミを拾って集合場所まで戻った。
[確認種]
カワウ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、ミサゴ、カルガモ、シロチドリ、ダイゼン、キョウジョシギ、ハマシギ、ミユビシギ、オオソリハシシギ、チュウシャクシギ、ユリカモメ、セグロカモメ、コアジサシ、キジバト、カワラバト、ヒバリ、ツバメ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、カササギ、ハシボソガラス   以上30種

ダイゼン
ダイゼン20190421荒尾海岸018ウエブ用

ハマシギ
ハマシギ20190421荒尾海岸006ウエブ用

ミユビシギ
ミユビシギ20190421荒尾海岸025ウエブ用

ハマシギの群れ
ハマシギの飛翔20190421荒尾海岸065ウエブ用



未分類 | 15:34:04 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する