■プロフィール

日本野鳥の会 熊本県支部会員

Author:日本野鳥の会 熊本県支部会員

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

2017.03.05 立田山探鳥会
今年の執行部の取り組みが功を奏しているようで、参加者が多く、探鳥会の開始時間になっても、受け付け業務が終わらりまんせんでした。9時10分、「お集まり下さい」の呼びかけで探鳥会を開始しました。
「初めて、ご参加の方は?」、「参加のきっかけは?」と尋ねました。数人の方が初めてでした。「貸し出し用の双眼鏡が足りないかも」とMさん。情報源は、“熊日”や“毎日”ということでした。元気の良さそうな少年が居たので、「ちょっと耳を澄ませてみましょう!」と言ってみた。一瞬の静寂の中に「ピーコーキー!」が響いた。「今、鳴いた鳥は?」、すかさず「イカル!」の声。「他にどんな鳴き声が?」、一瞬静寂の中、「カァーカァー」の声。「何でしょう?」、「ハシブトガラス!」。さて、「もう一度、聞いてみましょう!」「ヒヨドリ!」。「聴覚だけの探鳥の試みは、ちょっと失敗した感じでした。
 ベテラン組からいつもどおりのコースを歩きました。初心者対象の探鳥会は、Oさんが担当されました。春の火災予防訓練が行われていました。豊国台には、消防車が3台来てました。そのせいかどうかわかりませんが、前日は100羽前後のイカルがいたのですが、当日は25羽だけ。 A.K

【確認した鳥】
カルガモ、キジバト、ヒメアマツバメ、アオゲラ、コゲラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、ルリビタキ、ジョウビタキ、シロハラ、ウグイス、エナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、ミヤマホオジロ、アオジ、クロジ、カワラヒワ、イカル、シメ、ハシボゾガラス、ハシブトガラス、コジュケイ、トラツグミ、サンショウクイsp  以上28腫

カワラヒワ
カワラヒワ20170305立田山014ウエブ用

シメ
シメ20170305立田山004ウエブ用

トラツグミ
トラツグミ20170305立田山043ウエブ用

カンヒザクラ
ヒカンザクラ20170305立田山024ウエブ用

参加者
参加者20170305立田山020ウエブ用





未分類 | 13:51:36 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ