■プロフィール

日本野鳥の会 熊本県支部会員

Author:日本野鳥の会 熊本県支部会員

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

2017.09.10 天草市・六郎次山アカハラダカ探鳥会
 午前8時前に六郎次山山頂駐車場に着いたら、すでに10数台の車が駐まっていて、何とか少し空いている車と車の間に、やっと駐めさせてもらった。皆、熱心だなあと感心した。昨日は、2798羽が確認されたので、今日もそれぐらい飛ぶか、、、と、皆、期待しているようだ。9時過ぎだったろうか、数羽が遠くに見え始めた。それから、数十羽単位で、何群れか確認されたが、昨日のような500羽を越える様な単位での大きな群れは確認出来ず、10時半頃から以降は、ほとんど確認出来なくなり、今日のアカハラダカの合計確認羽数は261羽にとどまった。しかし、アカハラダカの渡りは、まだ始まったばかりなので今後に期待しよう!

アカハラダカの群れ
アカハラダカ群れ20170910六郎次山362◎ウエブ用

アカハラダカの群れ
アカハラダカ20170910六郎次山362◎◎ウエブ用

アカハラダカ成鳥
アカハラダカ20170910六郎次山159ウエブ用

アカハラダカ成鳥
アカハラダカ20170910六郎次山065ウエブ用

アカハラダカ幼鳥
アカハラダカ幼鳥20170910六郎次山179◎◎ウエブ用

参加者
参加者20170910六郎次山493ウエブ用


未分類 | 16:03:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
2017.08.20 球磨川河口探鳥会
 空は晴れ渡り、猛暑の中、球磨川河口でシギ・チドリの秋の渡りを見る探鳥会が開催されました。河口の岸から見ると、ウミネコが多数、海上に浮かんだり、岸辺に集まったりしていました。その他は、サギ類が目につきました。対岸にソリハシシギが遠望されました。徐々に干潟が出始めると、シギ・チドリの姿がちらほらと見え始めました。シロチドリ、ソリハシシギ、アオアシシギ、キアシシギなどが見えますが、少し遠いので、もう少し近くで見たいと思いました。しかし、時間が経つにつれて、どんどん沖合に行ってしまい、なかなか近くで見ることは出来ませんでした。そうこうしている内に、11時頃になり、酷暑の中、これ以上続けて鳥を見ていると熱中症になる恐れもあり、鳥あわせをして終了する事にしました。ちょっとシギ・チドリの数が少なくて、物足りなさの残る探鳥会となりました。

[確認鳥種]
カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、ミサゴ、トビ、シロチドリ、メダイチドリ、ダイゼン、トウネン、アオアシシギ、キアシシギ、イソシギ、ソリハシシギ、ウズラシギ、ウミネコ、キジバト、ツバメ、セッカ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス 以上23種

ウミネコ
ウミネコ20170820球磨川河口012

ダイサギ
ダイサギ20170820球磨川河口005

参加者
参加者20170820球磨川河口017


未分類 | 15:15:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
くまもと森都心プラザ 巡回写真展
 熊本駅前にある「くまもと森都心プラザ」2Fで、県支部の巡回写真展が始まりました。期間は8/11~8/31です。今年のテーマは「グルメな野鳥たち・水辺の鳥編」です。水辺に来る野鳥たちが採餌する瞬間を撮影しています。素晴らしい写真が勢揃いしていますので、是非、足をお運び下さい。

20170812森都心プラザ写真展006ウエブ用

20170812森都心プラザ写真展004ウエブ用

20170812森都心プラザ写真展003ウエブ用

20170812森都心プラザ写真展002ウエブ用

20170812森都心プラザ写真展001ウエブ用

20170812森都心プラザ写真展005ウエブ用



未分類 | 07:22:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
2017.07.23 和水町肥後民家村探鳥会
 猛暑のため、いつもの探鳥会の開始時刻より早めの午前8時、肥後民家村駐車場集合となった。早くなったので参加者は少なめかと思ったが、今日の見たい鳥が人気の鳥ヤマセミとなっていたためか、参加者は30人を超えた。リーダーの挨拶の後、駐車場から白石堰の方へ歩いて行った。途中、ツバメとスズメがお出迎え。白石堰に到着すると菊池川を横断する遠くの電線にミサゴが1羽留まっていた。堰のコンクリートの上にアオサギ、カワラバト、イソシギ、近くの電線にセグロセキレイなどが散見された。堰の上流の対岸には、サギ類の集団ねぐらがあり、アオサギ、ゴイサギ、ダイサギ、コサギなどが見られた。
 今日の見たい鳥ヤマセミがなかなか現れてくれず、「今日は見れないか、、、」とあきらめかけた時、上流から1羽のヤマセミが川面を滑るように飛んできた。「ヤマセミだ!」の声に、皆、「オオッ!」と歓声が上がる。ヤマセミはしばらく対岸の木に留まったり、魚を捕ったりしていたが、しばらくすると、やはり上流から、もう一羽が飛んできた。ペアなんだなと思った。しかし、対岸の木の枝に留まっているものの、葉陰に姿が隠れてほとんど見えなくなった。しばらく待ったが、ヤマセミに動きがないので、我々は民家村の方へ移動した。民家村の池には真夏を誇るかのように真っ赤なスイレンの花が咲いていた。

[確認鳥種]
カイツブリ、カワウ、ゴイサギ、ササゴイ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、カルガモ、ミサゴ、イソシギ、キジバト、ヤマセミ、カワセミ、ツバメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、サンショウクイ、ヒヨドリ、シジュウカラ、スズメ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、カワラバト 以上24種

ヤマセミ
ヤマセミ20170723白石堰051ウエブ用

ヤマセミ
ヤマセミ20170723白石堰030ウエブ用

セグロセキレイ
セグロセキレイ20170723白石堰015ウエブ用

スイレン
スイレン20170723白石堰068ウエブ用



未分類 | 19:39:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
2017.06.18 大分県・黒岳山麓探鳥会
 午前8時に男池駐車場前に集合し、男池から流れている渓流沿いに探鳥を始めました。すぐにコガラのファミリーと思われる群れと出会いました。近年、熊本では、少なくなってきたので、ここでじっくり見て頂きました。川のそばではミソサザイの声が聞こえます。瀧の近くまで行って引き返し、いよいよ登山道を歩き始めました。入り口近くには大きな岩を抱え込んだ大ケヤキが目を惹きます。少し進むと、ヒガラ、クロツグミ、アオゲラなどの声が聞こえました。気持ちの良い自然林の中をしばらく歩くと「隠し水」に着きました。ここでは、サンコウチョウの声と姿を見ることが出来ました。脚が丈夫でない方は、ここまでにして引き返して頂きました。
 私たち、健脚グループは更に進みます。するとツツドリの声が聞こえました。セグロカッコウの声も聞こえて来ます。オオルリも鳴いていました。汗を流しながら登っていると間もなく「ソババッケ」に着きました。ここではウグイスの声が聞こえました。標高の高い所にもウグイスは居るんだなあと思いました。更に歩くとコルリの声が聞こえて来ました。姿を見たいと思い、持参した弁当を食べながら待ってみることにしました。しばらく待ちましたが声は聞こえるのですが姿を見ることは出来ません。残念でしたが、今日は、ここまでで引き返すことにしました。
 午後1時、男池に帰り着き、鳥あわせをし、帰途、長者原の「たではら湿原」に寄り、ホオアカなどを見て解散しました。
[鳥種]
アオバト、アオゲラ、イカル、ウグイス、エナガ、カッコウ、キジバト、キビタキ、クロツグミ、コガラ、コゲラ、ゴジュウカラ、コルリ、サンコウチョウ、リュウキュウサンショウクイ、シジュウカラ、ジュウイチ、セグロカッコウ、ソウシチョウ、ツツドリ、ハシブトガラス、ヒガラ、ヒヨドリ、ホトトギス、ミソサザイ、ヤマガラ  以上26種

コガラ (撮影 T.Y)
コガラ20170618大分県黒岳・谷好雄


未分類 | 10:19:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ