FC2ブログ
 
■プロフィール

日本野鳥の会 熊本県支部会員

Author:日本野鳥の会 熊本県支部会員

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

2018.11.23 熊本市・上江津湖初心者歓迎探鳥会
 季節は冬に移りつつある時期で、少し冷え込んだがお天気は良く、10名近くの初心者の方が参加された。江津湖はカモ類などの水鳥が多く、初心者が野鳥を見るには好適な場所となっている。リーダーの挨拶の前、集合場所のすぐ横の楠木の枝にカワセミが留まった。留まった場所が日陰だったので、美しい羽の色が少し見づらくて残念だった。リーダーの挨拶の後、目の前の水上に浮かんでいるオカヨシガモ、カルガモ、オオバン、ヒドリガモなどを見た。と、上流の方のカモ類が一斉に飛び上がった。タカ類が飛来して来たので警戒したのだろうか?島伝いに歩いて行くと奥の方にはアメリカヒドリの姿も見ることが出来た。引き返して象さんの池の方に行こうとしたら、ハイタカが1羽、上空を旋回した。小鳥でも探しているのだろうか。スイゼンジノリの養殖場の柵の中には、コガモが数羽いた。しばらく歩くとバンの姿を見ることが出来た。そのそばの草むらから、ひょっこりイタチも顔を出した。こんな水辺でも生息出来ているんだと感心した。集合場所へ戻って鳥あわせをしたら、全部で38種だった。

[確認種]
アオサギ、アオジ、アメリカヒドリ、ウグイス、オオバン、オカヨシガモ、カイツブリ、カルガモ、カワウ、カワセミ、キジバト、キセキレイ、クサシギ、クロツラヘラサギ、コガモ、コゲラ、コサギ、ジョウビタキ、シロハラ、スズメ、セグロセキレイ、ダイサギ、タシギ、ツグミ、ツバメ、ハイタカ、ハクセキレイ、ハシビロガモ、ハシボソガラス、バン、ヒドリガモ、ヒヨドリ、マガモ、ムクドリ、メジロ、モズ、ヨシガモ、カワラバト  以上38種

ハシビロガモ♂換羽中
ハシビロガモ♂201811123上江津湖023ウエブ用

ハイタカ♀
ハイタカ♀201811123上江津湖053ウエブ用

カワウ
カワウ201811123上江津湖066ウエブ用

オカヨシガモ♂
オカヨシガモ♂201811123上江津湖007ウエブ用

アメリカヒドリ♂
アメリカヒドリ♂201811123上江津湖035ウエブ用


未分類 | 15:57:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
2018.11.17 長洲町・金魚と鯉の里公園探鳥会
 探鳥会にはもってこいの秋晴れの日よりとなり、参加者も20名を超えたようでした。探鳥会が始まる前、参加者から「あれは何ですか?」と云う声が上がり、上空を見上げると、ハイタカとそれをモビングしているハシボソガラスが目に入りました。リーダーの挨拶の後、公園の横を流れている小川沿いに作ってある散策道を歩き始めました。散策道には桜並木も植えてあり、桜の頃にも良いのではないかと思われました。小川にはキセキレイの姿を見る事が出来ました。対岸の雑木林からはウグイスの地鳴きも聞こえて来ました。しばらく歩いているとカワラヒワ、モズ、ハクセキレイを確認。散策道を上がって車道へ出ると、ビルの屋上に留まっているミサゴが1羽居ました。餌を食べている様子もなく、ひと休み中だったのでしょうか。海岸へ出ると、カルガモが50羽前後砂浜に休んでいました。川の方にはコガモも居ました。アオサギ、ダイサギ、コサギなどのサギ類も居て、カワセミを見つけた人も居たようでした。今日は、見たい鳥のビンズイが見れなかったのが残念でしたが、いろんな冬鳥も飛来しはじめ、にぎやかになって来た金魚と鯉の里公園でした。
[確認種]
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、ヒドリガモ、ミサゴ、トビ、オオバン、イソシギ、キジバト、カワラバト、カワセミ、コゲラ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ジョウビタキ、シロハラ、ウグイス、エナガ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、アオジ、カワラヒワ、スズメ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ハイタカ、ツリスガラ 
以上36種

キセキレイ
キセキレイ20181118長洲町009ウエブ用

ミサゴ
ミサゴ20181118長洲町016ウエブ用

ダイサギ
ダイサギ20181118長洲町023

参加者
参加者20181118長洲町043


未分類 | 16:13:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
2018.11.04 立田山探鳥会
 紅葉もそろそろ本格的になって来て、冬鳥期待の立田山探鳥会には40人ぐらいの方が参加されました。初心者の方も何名か居られましたので、初心者組とそれ以外の方達の組に分かれて探鳥会は始まりました。
 集合場所の前の池には、カルガモが7羽ほど水に浮かんでいたり、木に留まって寝ていたりしていました。カモ類は夜行性なので、暗くなってから動き出そうと思っているのでしょう。池の端に植わっている柿の木にジョウビタキ♀も1羽飛んできました。歩いて行くと、冬の森の手前でメジロとシロハラを見ることが出来ました。シロハラは、こちらに来て間がないからか、少し神経質になっているようでした。樹間から聞こえる鳥の声はヒヨドリが一番多いようです。更に歩いていると、ヤマガラ、シジュウカラの声や姿が見れました。豊国台で休憩をとった後、中央展望台を過ぎた辺りでルリビタキの声が聞こえました。更に歩いていたらミヤマホオジロの姿も見ることが出来ました。よく見ると雄の若鳥のようでした。
 今日は、冬鳥の数はまだ多くありませんでしたが、何種か見ることが出来て、秋から冬への季節の変わりめを感じることが出来ました。来月は沢山の冬鳥を期待したいと思いました。

[確認種]
アトリ、ウグイス、エナガ、カルガモ、カワラヒワ、キジバト、キセキレイ、コゲラ、リュウキュウサンショウクイ、シジュウカラ、ジョウビタキ、シロハラ、ハイタカ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、ヒヨドリ、ホオジロ、メジロ、モズ、ヤマガラ、ルリビタキ、ミヤマホオジロ、ムギマキ  合計23種

ジョウビタキ♀
ジョウビタキ♀20181104立田山003ウエブ用

カルガモ
カルガモ20181104立田山001ウエブ用

ミヤマホオジロ♂若
ミヤマホオジロ♂若20181104立田山019ウエブ用


未分類 | 16:31:58 | トラックバック(0) | コメント(0)
2018.10.07 白髪岳タカの渡り探鳥会
 白髪岳の中腹にある千望展望所に朝の9時頃から、今か今かとサシバを待っていたのですが、あいにく朝の早い時刻は、前日からの雲が残っていて、見通しも良くなく、10時頃からぽつぽつと渡り始めましたが、午後3時頃までは、いまいちの状態でした。3時以降は、サシバがどんどん飛び始め、地つきのクマタカも飛んだりして、我々の目を楽しませてくれました。結局、この日はサシバが152羽確認出来ました。しかし、翌日は快晴となり、何とサシバが966羽も観察されたと云うことです。

サシバの渡り
サシバ201810白髪岳014ウエブ用

ハリオアマツバメ
ハリオアマツバメ201810白髪岳037ウエブ用

クマタカ
クマタカ201810白髪岳184ウエブ用

リュウキュウサンショウクイ
リュウキュウサンショウクイ201810白髪岳006ウエブ用


未分類 | 07:25:46 | トラックバック(0) | コメント(0)
2018.08.26 熊本港周辺探鳥会
 猛暑の中、集合場所の駐車場には10数名が集まりました。まず、熊本港の桟橋に休憩しているチュウシャクシギやダイゼンなどを見ました。少し遠かったのですが、スコープで見れば何とか種類が分かりました。次に、沖新の蓮田へ移動しました。蓮田の中には、セイタカシギ、トウネン、ソリハシシギなどを見ることが出来ました。アオアシシギやタカブシギの声も聞くことが出来ました。灼熱の太陽の下、長時間探鳥していることも出来ないので、10時半頃には、鳥あわせを行い終了となりました。

「種名」
アオアシシギ、イソシギ、ウズラシギ、キアシシギ、コアオアシシギ、コチドリ、セイタカシギ、ソリハシシギ、ダイゼン、タカブシギ、チュウシャクシギ、トウネン、アオサギ、ウミネコ、カイツブリ、キジバト、コサギ、スズメ、ダイサギ、チュウサギ、ツバメ、ハクセキレイ、ハシボソガラス、バン、ヒヨドリ、ムクドリ、キジ  以上27種

セイタカシギ♂
セイタカシギ♂20180826沖新053ウエブ用

ソリハシシギ
ソリハシシギ20180826沖新039ウエブ用

トウネン
トウネン20180826沖新046ウエブ用

参加者
参加者20180826沖新067ウエブ用

蓮の花
蓮の花20180826沖新062ウエブ用


未分類 | 11:20:22 | トラックバック(0) | コメント(2)
次のページ

FC2Ad

まとめ