■プロフィール

日本野鳥の会 熊本県支部会員

Author:日本野鳥の会 熊本県支部会員

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

2017.06.04 立田山探鳥会
 梅雨入り前の晴天で、少し涼しく感じる絶好の日よりでした。広報担当の努力のたまもので、会員外の方が16名も来られて合計47名の参加者でした。2日前にオオジュウイチの声が聞かれたことを紹介して、白石さんに録音された音声を紹介していただき、ぜひこの声を聴こうということで探鳥会を始めました。
 歩き始めてもとても静かでほとんど鳥の声が聞こえません。ウグイス、メジロ、ヤマガラ、キビタキなどのいつもの囀りがなんとか聞かれました。クチナシの白い花があちこちで咲いておりいい匂いがしていました。豊国台では河原畑さんにタツタヤマヤエクチナシの実生の苗の状況を教えていただきました。
 中央展望台ではヒオドシチョウが見られて、下りの道ではコクランの花が咲いているのを教えていただきました。鳥合わせの際に、オオジュウイチどころかホトトギスも鳴かなかったね、と話したとたんにホトトギスの鳴き声が聞こえてきました。 M.N

【確認した鳥】
アオサギ、キジバト、ホトトギス、アオゲラ、コゲラ、ツバメ、サンショウクイ、ヒヨドリ、ウグイス、キビタキ、エナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、コジュケイ、ガビチョウ、ソウシチョウ(23種)

ヤマガラ
ヤマガラ20170604立田山探鳥会001ウエブ用

ホオジロ♂
ホオジロ♂20170604立田山探鳥会008ウエブ用 (2)

タツタヤマヤエクチナシ
ヤエクチナシ20170604立田山探鳥会009ウエブ用





未分類 | 13:41:50 | トラックバック(0) | コメント(0)
2017.04.07 立田山定例探鳥会
朝は曇っていて少し暗い感じでしたが、立田山を廻る内に、だんだんと明るくなってきました。集合場所の五高の森駐車場では、シジュウカラが虫のようなものをくわえていました。しばらくすると巣に入っていったようです。子育て中だったのかも知れません。キビタキの声は、何カ所かで聞こえましたが、姿が見えたのは一回だけでした。
 センダイムシクイの声を聞いた方もおられましたが、渡り途中の鳥は、それぐらいでした。また、シロハラが1羽残っていて、もう渡去してしまったと思っていた人達は驚いておられました。そして、少し曇っていたからだったのかも知れませんが、フクロウの声が聞こえたこともちょっと驚きでした。
[鳥種]
アオゲラ、アオバト、ウグイス、エナガ、カワセミ、カワラバト、カワラヒワ、キジバト、キビタキ、コゲラ、コジュケイ、シジュウカラ、シロハラ、スズメ、センダイムシクイ、ツバメ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、ヒメアマツバメ、ヒヨドリ、フクロウ、ホオジロ、リュウキュウサンショウクイ、ヤマガラ、メジロ   以上25種

キビタキ♂
キビタキ♂20170429本妙寺100◎ウエブ用

キビタキ♀
キビタキ♀20170429本妙寺134◎◎◎ウエブ用





未分類 | 21:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
2017.04.16 有明海・市民探鳥会in荒尾干潟
今日は、鹿児島県支部から16名、障害者施設から10名、その他、県内外から多数の方が来られて、参加者数は合計で82名にもなりました。まず総合リーダーの安尾さんの挨拶の後、それぞれのグループに分かれて探鳥会が始まりました。しかし、今期はシギ・チドリの渡来が遅れているようで、懸命に探しましたが、なかなか鳥が見当たりません。それでも近くの海岸に居たダイゼン、キョウジョシギをまず確認。次に少し北側に歩いて行くとセグロカモメが数羽、鉄の杭に留まっていました。そこから更に北側へ海岸を歩いて行ったら、やっと50羽前後の群れが見え始めました。種類はハマシギ、ミユビシギ、シロチドリ、メダイチドリ、ダイゼンなどでした。しばらく見ていたら、海の方から別の群れが飛んできました。その中には大型シギのオオソリハシシギも居ました。全部で100羽以上のシギ・チドリの群れになったでしょうか。やっと、いつもの年の探鳥会らしくなってきたところで終了の時刻となりました。帰りは海岸に落ちているゴミを拾いながら集合場所へ戻りました。集合場所のテントでは、スタッフによる温かいコーヒーも用意されていて、それを頂くと疲れも消えていくようでした。

[確認鳥種]
コサギ、カルガモ、ミサゴ、シロチドリ、メダイチドリ、ダイゼン、キョウジョシギ、トウネン、ハマシギ、ミユビシギ、キアシシギ、イソシギ、オオソリハシシギ、セグロカモメ、カモメ、ウミネコ、キジバト、アオバト、カワラバト、コゲラ、ヒバリ、ツバメ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、ウグイス、ホオジロ、アトリ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、カササギ、ハシボソガラス、キジ、イソヒヨドリ、コチドリ、マガモ、トビ、オオジュリン、アオジ  以上39種

探鳥会の様子
20170416荒尾海岸探鳥会008ウエブ用

20170416荒尾海岸探鳥会002ウエブ用

オオソリハシシギ (熊本県支部会員提供)
オオソリハシシギ蔵満海岸ウエブ用

ダイゼン、キョウジョシギ、ハマシギ (熊本県支部会員提供)
ダイゼン・キョウジョシギ・ハマシギ蔵満海岸 (3)ウエブ用



未分類 | 15:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
2017.04.09 人吉相良村・柳瀬探鳥会
前日の雨も止み、曇天ながら満開の桜が映えて美しい風景の日となりました。相良村の柳瀬地区、川辺川沿いの岸辺に集合し、まず、そこに来ている野鳥を観察しました。ダイサギ、コサギ、アオサギなどのサギ類などの他、イカルチドリ、ハクセキレイ、カルガモ、オカヨシガモなどを見ることが出来ました。イカルチドリは砂利の中に座ったまま、ほとんど動きがなかったので、ひょっとしたら抱卵していたのかも知れません。期待のヤマセミは残念ながら姿を現しません。しばらくそこで観察していましたが、鳥種に変化が乏しかったので、近くの堤へ移動しました。ここでは、オシドリ、カワウ、カイツブリ、ツグミなどを見ることが出来ました。

[確認鳥種]
アオサギ、イソシギ、ウグイス、オシドリ、カワラヒワ、カワウ、キジバト、コサギ、シジュウカラ、シロハラ、トビ、ハクセキレイ、ハシブトガラス、ヒヨドリ、メジロ、ヤマガラ、カワラバト、イカル、オカヨシガモ、ダイサギ、ツグミ、タヒバリ、カケス、カイツブリ、クサシギ、カルガモ、アオゲラ  以上27種

トビ
トビ20170409人吉・柳瀬006ウエブ用

ツグミ
ツグミ20170409人吉・柳瀬020ウエブ用

満開の桜
桜20170409人吉・柳瀬012ウエブ用


未分類 | 16:10:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
2017.03.12 玉名市桃田公園探鳥会
 おだやかな日差しが心地よい探鳥会となりました。体育館前に集合し、今日の見たい鳥「シメ」の説明がリーダーから有りました。公園を歩き始めると、ホオジロが木に留まっているのが見えましたが、逆光のためシルエットのみの確認となりました。グラウンドの芝にはハクセキレイとツグミが居て、餌を採っているようでした。公園から出て裏の藪にはホオジロ。水路にはキセキレイやクサシギの姿が見られました。誰かが「猛禽!」と云ったので、空を見上げるとハイタカが飛んでいました。それをハシボソガラスがめざとく見つけて追いかけます。ハシボソガラスはしつこく追っていましたが、時折、ハイタカが反撃します。追いつ追われつの攻防でしたが、やはり身体の大きいハシボソガラスの方が少し有利なようでした。

[確認種]
アオサギ、ハイタカ、ミサゴ、トビ、クサシギ、キジバト、カワラバト、コゲラ、ヒバリ、ツバメ、キセキレイ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ジョウビタキ、シロハラ、ツグミ、ウグイス、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、アオジ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス 以上28種

ハイタカとハシボソガラスの攻防
ハイタカ&ハシボソガラス20170312玉名市桃田公園180◎◎◎ウエブ用

ホオジロ♂
ホオジロ♂20170312玉名市桃田公園210ウエブ用

メジロ
メジロ20170312玉名市桃田公園120◎ウエブ用




未分類 | 14:08:59 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ