FC2ブログ
 
■プロフィール

日本野鳥の会 熊本県支部会員

Author:日本野鳥の会 熊本県支部会員

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

2018.07.28 清水遊水地ツバメのねぐら入り探鳥会
夕方の5時半、清水遊水地公園の駐車場前に集合。参加者は全部で20数名となりましたが、県支部会員よりも一般の方が圧倒的に多い感じでした。集合直後は、まだねぐら入り観察には早いので、公園の周りを探鳥する事になりました。ムクドリやアオサギ、キジなどが散見されましたが、オオヨシキリの声などは聞こえず、もう繁殖時期は過ぎてしまったのではないかと思われました。
 午後6時半頃になってもツバメはあまり現れず、今日はやってくるのかなあと気を揉ませましたが、午後7時近くになってくると、だんだんツバメの姿が増えてきて、7時半過ぎからは1万羽を超えると思われるツバメの乱舞を見ることが出来ました。ツバメの大集団が空を舞い、葦に入る姿に参加者一同大感激でした。

アオサギ
アオサギ20180728清水遊水地001ウエブ用

ムクドリ
ムクドリ20180728清水遊水地002ウエブ用

ねぐら入り直前のツバメ
ツバメのねぐら入り20180728清水遊水地107◎ウエブ用


未分類 | 15:10:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
2018.06.10 高森町・鍋の平探鳥会
 梅雨の最中でしたが、幸い雨は降らないような明るい感じの曇天となりました。鍋の平キャンプ村駐車場に10数名が集合し、リーダーの挨拶が終わると林道を歩き始めました。すぐキジの声が聞こえて来ました。林道の脇には牧野が広がり、クララがたくさん生えています。ルリシジミ蝶が飛んでいました。ホオアカのさえずりが聞こえるなあと、姿を探していたらクララの上に留まって鳴いていました。キイチゴの黄色や赤い色の実がたくさん生っていて、ひとつつまんで食べると甘い味がしました。イカルの声も聞こえて来ました。夏鳥のカッコウ、ツツドリの声が聞こえ、サンコウチョウの声も時折聞こえます。初夏の雰囲気満点の楽しい探鳥会となりました。峠近くまで歩いて引き返す事にしたら、帰途にはノスリも飛んできました。
[確認種]
アオゲラ、アオバト、イカル、ウグイス、オオルリ、カケス、カッコウ、ガビチョウ、カワラヒワ、キジ、キジバト、クロツグミ、コゲラ、サンコウチョウ、シジュウカラ、セッカ、ソウシチョウ、ツツドリ、トラツグミ、ノスリ、ハシブトガラス、ヒガラ、ヒバリ、ヒヨドリ、ホオアカ、ホオジロ、ホトトギス、モズ、ヤマガラ、リュウキュウサンショウクイ 以上31種

ホオアカ 撮影T.H
AJ4V7688ホオアカ・ウエブ用

クロツグミ♂ 撮影T.H
AJ4V7711クロツグミウエブ用

イカル 撮影T.H
AJ4V7742イカル・ウエブ用

ノスリ 撮影T.H
AJ4V7793ノスリ・ウエブ用


未分類 | 13:40:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
2018.05.27 大分県、黒岳山麓探鳥会
 2日前まで天気予報が雨模様だったので、開催出来るかどうか危ぶまれたのですが、前日になって天気予報が晴れに転換し、無事開催することが出来ました。集合場所の黒岳男池前駐車場は、7時20分頃にすでに満杯状態。仕方がないのでその横の砂利を敷いてある空き地に駐車させてもらいました。平治岳のミヤマキリシマが満開の頃なので、そちらへ登る登山者が多かったようです。
 8時少し前に全員がそろったので歩き始めました。「男池」から流れている清流沿いにある散策道でクロツグミ♂の姿が見れました。ホトトギス、オオルリ、ミソサザイの声はよく聞こえました。登山道の方を歩き始めるとヒガラ、シジュウカラの声がよく聞こえます。「隠し水」まで歩くと、ここで数人の人は引き返す事になりました。足に自信がないとのことでした。
 「隠し水」から「ソババッケ」を目指して歩いていると、ヒガラが近くの枝に留まったと思ったら、間もなく木のうろに入りました。そこはヒガラの巣だったのです。♂♀交互に虫をくわえて運んできます。時々、糞をくわえて遠くへ捨てに行く事も有りました。ヒガラは時々見る事ができますが、営巣している所を見る事はなかなか出来ないので貴重だと思いました。ヒガラの親は、私達を気にすることなく、何度も出入りしていました。そこを過ぎてしばらく歩くと「ソババッケ」に着きました。もう少し先に行くとコルリを見られるかも知れないと、少し先まで歩きましたが、コルリの声も姿も見ることが出来ませんでした。私達は早めの昼食を済ませて引き返す事にしました。「隠し水」から引き返した方達は、「男池」の近くでヤイロチョウの声を聞くことが出来たそうでした。
[確認鳥種]
ホトトギス、カッコウ、ジュウイチ、コゲラ、アオゲラ、ヤイロチョウ、リュウキュウサンショウクイ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒガラ、コガラ、ヒヨドリ、ウグイス、ミソサザイ、トラツグミ、クロツグミ、イカル、ホオジロ、ツミ、カワガラス、カケス、キビタキ、コサメビタキ  以上27種

ミソサザイ(撮影M.K)
ミソサザイ黒岳

ヒガラ(撮影M.K)
ヒガラ黒岳

オオルリ♂(撮影M.K)
オオルリ黒岳

ツミ(撮影M.K)
ツミ黒岳


未分類 | 16:41:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
2018.04.29 熊本市、熊本港探鳥会
 晴れ渡ったお天気になったゴールデンウイークの初日、熊本港で探鳥会が開催された。20人前後の参加者が集まり、まずリーダーの挨拶の後、熊本港の先端にあるゲートを開き、埋立地に入った。前方の海を挟んだ桟橋の上にはカツオドリが2羽見えた。埋立地の方の水が貯まっているところには、オナガガモ、ヒドリガモ、ツクシガモなどのカモ類が見える。ダイサギも居た。更に歩くと、ミサゴが飛んできて杭の上に留まった。手前の葦原からは、「ギョギョシ、ギョギョシ」というオオヨシキリの声。セッカの声も聞こえる。ひととおり見たので、熊本港の入り口にある熊本港緑地公園へ行った。そこからはクロツラヘラサギが21羽確認出来た。草地では、ヒバリやホオジロを見ることが出来た。最後に沖新の蓮田に行き、タカブシギなどを見て解散となった。

[確認鳥種]
キジ、ツクシガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ヨシガモ、ホシハジロ、カイツブリ、カワラバト、キジバト、アオサギ、ダイサギ、コサギ、クロツラヘラサギ、バン、オオバン、コチドリ、タシギ、オオソリハシシギ、チュウシャクシギ、アオアシシギ、タカブシギ、イソシギ、ハマシギ、セグロカモメ、ミサゴ、ハヤブサ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ツリスガラ、ヒバリ、ツバメ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、セッカ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ、カツオドリ、イソヒヨドリ  以上46種

カルガモ
カルガモ20180429熊本港0045ウエブ用

ヒバリ
ヒバリ20180429熊本港0109ウエブ用

タカブシギ
タカブシギ20180429熊本港0004ウエブ用

参加者
参加者20180429熊本港0071ウエブ用


未分類 | 19:56:02 | トラックバック(0) | コメント(1)
2018.04.08 阿蘇野草園探鳥会
 昨日の阿蘇は雪が降って、風も吹き、たいへん寒い一日だったそうですが、今日は、晴天になり風もあまり吹かず、少し寒いですが探鳥会にはいいぐらいの日和となりました。南阿蘇ビジターセンターの前に新設されたウッドデッキに集合して、リーダーからの挨拶がありました。その後、野草園を歩きました。ひっそりとヒトリシズカの花が咲いていました。そして、耳に聞こえるのは、たくさんのイカルの声でした。小高い丘に登ると、イカルがたくさん飛び交って居ました。次に裏手の方に回ると、夏鳥のオオルリ、そして留鳥のリュウキュウサンショウクイの姿を見ることが出来ました。そこからキャンプ場の方へ歩きました。途中ではキジの声が聞こえました。キャンプ場に入ると、ゴジュウカラのさえずりが聞こえ、姿も見ることが出来ました。ツグミも居たようです。コゲラは巣作りをしていました。今日は、「気の早い夏鳥」を見ようという探鳥会でしたが、オオルリを見ることが出来て、目的は果たせたようです。

[鳥種]
アオゲラ、アトリ、イカル、ウグイス、エナガ、オオルリ、カケス、カワラヒワ、カシラダカ、コゲラ、ゴジュウカラ、スズメ、ツグミ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、ヒガラ、ヒヨドリ、ホオジロ、メジロ、ヤマガラ、リュウキュウサンショウクイ、キジ、コジュケイ、ミヤマホオジロ、シジュウカラ、キセキレイ  以上26種

オオルリ♂
オオルリ♂20180408高森町0065ウエブ用

コゲラ
コゲラ20180408高森町0048ウエブ用

リュウキュウサンショウクイ♂
リュウキュウサンショウクイ♂20180408高森町0050ウエブ用

カシラダカ♂
カシラダカ♂20180408高森町0095ウエブ用

ヒトリシズカ
ヒトリシズカ20180408高森町0031ウエブ用



未分類 | 16:11:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ